新しい葬儀のかたち

新しい葬儀の形の家族葬

葬儀における家族葬のマナー

葬儀の中でも家族葬をする時は、会葬者選びにより一層の注意が必要です。家族葬は一般的なものと違い、ごく身近な親族や家族だけで執り行います。遺族も一般葬と違い、会葬者への気遣いを行わないことを前提とし、ゆっくりと故人を弔いたい気持ちで執り行っています。そのため会葬者のマナーとして、ごく久しい親族以外は葬儀への会葬はしないのが故人および遺族への気遣いになります。静かに遠くで見送ることが一般的なマナーです。故人への想いがある場合には、後日落ち着いたところでご焼香に訪問することが故人のためにも遺族のためにも良いと思われます。

家族葬を行うにあたって

新しい葬儀の形に家族葬があります。家族葬は遺族と親戚、本当に親しい友人のみで行う式のことで、通常よりも小規模となります。身内のみで行うため、受付や会葬御礼品の準備などの必要もなく、参列者に気を配ることもありません。葬儀を行う上でのマナーとしては、親しい人のみで行うのが前提のため、参列をお願いする人を選ぶ必要があり、選ばれない人への配慮が必要となります。直接、もしくは電話で亡くなったことを知らせ、葬式のやり方についてきちんと説明をするようにしましょう。この時、お香典辞退のことも伝えるようにします。

葬儀のための情報

新着情報

↑PAGE TOP